• ホーム
  • 諸刃の剣!?眠気は強く出るが効果絶大!ポララミンという花粉症治療薬

諸刃の剣!?眠気は強く出るが効果絶大!ポララミンという花粉症治療薬

2019年11月29日

どの花粉症治療薬を使用しても一向に効果が出ないという場合には、ポララミンという治療薬を飲むことも有効になります。ポララミンにはd-クロルフェニラミンマレイン酸塩という成分が入っています。この成分は非常に強力な効果を持っており、花粉症に関係する症状を一気に抑えることが出来ます。しかし、ポララミンは副作用も大きく、眠気を感じてしまう可能性が高いといえるでしょう。それゆえに仕事をしているときに飲むのは有効ではありません。また、運転も一時的に出来なくなるので注意が必要です。仕事中に飲む場合は他の治療薬を飲んだ方が良いといえるでしょう。一方で睡眠時など副作用が出てもそれほど問題がない場面では大きな効果を発揮します。そのことを踏まえて睡眠前に飲む方もいます。副作用による眠気は睡眠時に大きく影響が出ますが、場合によっては朝起きる頃になっても副作用が抜けない可能性もあります。それゆえにポララミンを飲むときには注意が必要といえるでしょう。d-クロルフェニラミンマレイン酸塩がどのように作用するかは個人差があります。人によっては副作用がそれほど出ない場合も少なくありません。

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩は効果があまりに大きいため、花粉症対策の切り札的に使用することが出来ます。それほど花粉症の症状が重くないにも関わらず、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩を使用すると効果が出すぎてしまう可能性があります。体質によっても合う治療薬が異なることがあるので注意しておきましょう。強力な花粉症治療薬でないと効果が出ないタイプの方もいます。そういった方にとってこの薬は大きな存在ともなりえます。どんな治療薬にも副作用がありますが、この治療薬が持つ副作用は特に大きいと覚えておきましょう。花粉症の症状があまりにも重く、どうしようもないという場合にはこの治療薬も選択肢に入ります。効果が非常に大きい分、他の薬の成分とも反応しやすくなっています。d-クロルフェニラミンマレイン酸塩を含む治療薬を使用するときには、なるべく他の薬は飲まない方が良いといえるでしょう。どうしても薬を併用せざるを得ない場合は医師と相談することが重要となります。睡眠時であれば飲みやすい薬ですが、常用するには少しハードルがあります。本当にこの治療薬の性能が必要になるのかについて検討した上で、自分に必要な成分の含まれている治療薬を選択することが重要といえるでしょう。体質を問わず仕事中の服用には向かないといえるでしょう。

関連記事
花粉症による鼻づまりの打開策にナシビン点鼻薬を使用してみよう!

アレルギー反応を抑える薬が体質的に効きにくい方もいます。そういった方の場合は抗アレルギーではなく、鼻水などの症状を直接的に緩和する治療薬を使用することが有効です。そのために使用されるのがナシビン点鼻薬です。ナシビン点鼻薬にはオキシメタゾリンという成分が含まれており、鼻炎などの症状を一時的に緩和するこ...

2019年11月04日
花粉症による目のかゆみにはパタノール点眼液がベスト!

花粉症になると目のかゆみを感じる方が多くなります。これは目に入った花粉を外に出すために積極的に涙を出そうとする動きがあるからです。このような症状が悪化するとアレルギー性結膜炎になってしまうことがあります。アレルギー性結膜炎になると充血などが起こることも少なくありません。そんな症状に有効なのがパタノー...

2019年07月24日
副作用の少ない花粉症治療薬と言えばクラリチン

花粉症治療薬には眠くなるイメージがあるので使用できないという方も少なくありません。そんな方々におススメなのがクラリチンです。クラリチンはロラタジンなどが配合されている花粉症治療薬となっています。第二世代の治療薬の1つとして人気があります。ロラタジンの大きな特徴となっているのが副作用が極端に少ないとい...

2019年08月23日
効果は強いのに眠気はそれほど強く出ないアレロックはおすすめ

治療薬の作用と副作用はまさに表裏一体の関係性があります。高い効果を持つ治療薬を使用すれば、その分大きな副作用が出てしまうことは仕方がないともいえるでしょう。しかし、中には高い効果を持つにも関わらず、副作用がそれほど大きくない治療薬も存在します。その1つがアレロックです。アレロックにはオロパタジンとい...

2019年10月06日
ジルテックは速く・長く・強く効く花粉症治療薬

花粉症になっている方の中にはモーニングアタックに困っている方も少なくありません。モーニングアタックとは朝起きたときにアレルギーの症状が大きく表れることを言います。これは寝具などにアレルギーの原因となっている物質が溜まりやすいことによって起こるものとなっています。モーニングアタックによって寝起きの状態...

2019年09月10日
眠気の心配無用!車の運転や機械操作に影響の出ないアレグラ

花粉症の治療薬はアレルギー反応を抑えるように作られているため、物によっては脳の活動も抑える副作用を持つものもあります。しかし、そういった作用を持つものを飲んでしまうと運転などをすることが出来なくなる恐れもあるので、副作用の弱い治療薬が求められていました。そこで登場したのがアレグラです。アレグラは花粉...

2019年07月07日
日中の活動を妨げない花粉症治療薬ザイザル

人気の花粉症薬として知られているのがザイザルです。ザイザルにはレボセチリジン塩酸塩などの成分が配合されています。このレボセチリジン塩酸塩の大きな特徴として持続時間が長いことが挙げられます。製品によって違いはありますが、基本的には8時間前後効果が持続するケースが多いです。持続時間が長い治療薬が欲しいと...

2019年06月23日